他のアフターピルとアイピルを比べる

普通のアフターピルとアイピルの違い

アイピルは副作用が少なく服用しやすい1回1錠の服用で避妊をしてくれる避妊薬ですが他のアフターピルと何が違うのでしょうか。少し前まではヤッペ法という方法が使われていました。この方法は医療で使われる中用量ピルを2回に分けて飲むことで避妊効果があります。
避妊率は約75%、また副作用に関して、嘔吐などの症状を訴える女性が約50%もいました。その為アフターピル自体に良い印象を抱いている女性はいませんでした。

最近になりアフターピルが見直されています。それが新薬として2011年に日本で避妊薬と認可された、ノルレボ錠の影響です。この避妊薬を服用した女性で副作用を訴えた女性は約23%でした。また避妊率も高く24時間以内の服用で95%以上の避妊効果があるのです。
今ではノルレボ錠は副作用が少ないことで知られ、日本でも新たな避妊薬として浸透してきました。しかし、病院で処方されるノルレボ錠は、新薬であるため値段も高くなってしまいます。
薬とお金
そこでノルレボ錠のジェネリック医薬品として国から認可されたアイピルが人気になったのです。じつはアイピルは通販で購入することができる為、手元に届くのに時間は掛かってしまいますが値段は病院で処方してもらうノルレボ錠よりもはるかに安くで購入することができるのです。

アイピルは世界中でもリピーターがいると言われています。製造元はインドの世界的に品質が良いと有名なシプラ社の商品である為、世界中の女性たちから信頼されているアフターピルなのです。

アイピルのまとめ

●1.新薬であるノルレボ錠のジェネリック医薬品
○2.従来のアフターピルと違い副作用が少なく避妊率を高い
●3.製造元である会社は世界的にも信頼度が高く品質が良いと有名な会社である
○4.性交渉後に1錠服用することで妊娠を防ぐことができる